犬の健康な皮膚を自宅でケアする体に優しい商品をお届けしています。 | ごとふ動物病院オンラインショップ

あなたの愛犬の肌質は
「皮脂が過剰にでるベタベタタイプ」?
「乾燥により肌がパサつくパサパサタイプ」?

なかなか治らない…

  • 痒くて夜も眠れない。
  • 毛が抜け落ちて、肌が真っ赤。臭いも気になる。
  • 粉のようなフケでフローリングが真っ白。
  • お薬を手放せない。
  • 先生の言う通りに治療するけど治らない。
  • お薬で体がボロボロ。体に優しくケアしてあげたい。

治療を受けても中々治らないと、お悩みの飼い主さんも多くいらっしゃいます。
まずはワンちゃんの肌タイプをしっかりと特定しなければ、ワンちゃんに合ったケアはできません。

皮脂が過剰に出てベタつくベタベタタイプ

ベタベタタイプ

粗悪な油でも体内に取り込むことができる体質

質が悪く、安価な油でも全く関係なく消化・吸収できる体質の子は、どんなに粗悪な油でも体内に取り込むことができます。
取り込まれた「粗悪な油」を原料として「皮脂」が作られ地肌に分泌されます。分泌された皮脂は、原材料の油の質の悪さから、すぐに酸素や紫外線によって酸化され、酸化皮脂(過酸化脂質)へと変化させられます。この酸化させられた皮脂が地肌にベットリ付着することによって、地肌は持続的に刺激を受け、この刺激によって炎症が起き、結果として皮膚に影響をおよぼすのです。

例えると、揚げ物で使った油を数日置いて腐らせた油(酸化させた油)を毎日毎日地肌に塗っている状態の皮膚なのです。腐った油、酸化した油によって地肌が赤くなったり、腫れ上がったり、痒くなるのは当然だと思いませんか?

乾燥して肌がパサつくパサパサタイプ

パサパサタイプ

粗悪な油は全く体内に取り込めない体質

質の悪い油は全く消化・吸収できないので、体が必要とする油が枯渇している状態です。地肌を守る皮脂もこの油で作られているため、粗悪な油で作られたドックフードを食べて続けている子は、必要な量の皮脂が分泌できず、肌がカサカサ、毛がパサパサになっています。カサカサ・パサパサな地肌では、全く肌の防御システムが働かず、容易に花粉などのアレルゲンの侵入を許してしまいます。その結果、毛の少ないところを中心にトラブルがおきたりします。

例えると、急激な食事ダイエットをした結果、栄養バランスが崩れ、体に必要な油や栄養素が枯渇した状態が、乾燥して肌がパサつくパサパサタイプです。油や栄養素が足らなくなれば、肌はカサカサでボロボロ。頭の毛はバサバサで枝毛だらけ。こんな状態の肌であれば、湿疹ができたり、赤い炎症が起きたり、痒みが出たり、痛みが出たり、毛が抜けるのは当然だと思いませんか?

原因をつきとめるための肌タイプ分析診断検査

どちらの肌タイプなのは肌タイプ分析診断検査によって区別する必要があります。肌タイプ分析診断検査で2つのタイプを区別できます。肌タイプ分析診断検査をすれば、ほとんどのケースで皮脂が過剰にでるベタベタタイプか乾燥して肌がパサつくパサパサタイプなのか区別することが可能です。症状があまりにもひどすぎたり、逆にあまりにも軽かったりすると肌タイプ分析診断検査だけで区別できない時もあります。そのため患部や体の全体像の写真と合わせてみさせていただき、診断ができます。

肌タイプ分析診断キット7,480円(税込)

肌タイプ分析診断検査で出た分析結果を専門スタッフがわかりやすく解説させていただきます。そして、検査結果を元に自宅でケアする場合どういった対策を取ればよいのかをお伝えします。その際、わからないことや不安なこともしっかりお伺いしますのでご安心ください。

肌タイプ分析診断検査の流れ

肌タイプ分析診断キットを注文する。
検査キットが手元に届く。
自宅で検査シートを地肌に貼って、剥がして返送。(詳しくはキットにも記載しています)
当院に返送キットが到着し、分析を開始。
郵送にて分析結果を送付。
分析結果が到着。
到着後、電話やメールにて専門スタッフから結果の説明とカウンセリングを行います。
粘着シールをワンちゃんの地肌に貼付けて、角質細胞を採取します。その採取した角質細胞を特殊な染色液で染めることによって、乾燥の程度、症状の有無、マラセチア真菌などの細菌がいないかを分析していきます。

肌タイプ分析診断キット7,480円(税込)

肌タイプがわかったら、肌質にあったスキンケアで
ワンちゃんの悩みを解消させましょう。

上に戻るボタン